英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

从日本新语·流行语看日语能力考试

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2021-07-12编辑:vicky点击率:183

论文字数:25855论文编号:org202107021546004858语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日语论文选题2+2 会议弱式国际制度美同盟强化合作

摘要:本文是一篇日语论文选题,本论文围绕2010年至2019年的新语流行语大奖,一边分析与日本社会的关系,一边将每年的大奖分为政治、经济、体育、文化娱乐、社会五个领域进行考察。另外,以日语能力考试一级为例,对每年日语能力考试中出现的这五个话题的问题数进行统计,制作出各自的折线图,并研究两者的关系。

笔者认为对于日语学习者来说,学习当年的热门话题是非常必要的。这不仅能培养运用能力,还能了解日本社会的现状。每年的新词流行语不仅反映了当年的社会热点,获奖的新词流行语也反映了日本国民最关心的事情。与此同时,日语能力考试中也存在与新语流行语相关的问题以及当时的世态。从2009年开始,日语能力考试的形式发生了变化,运用能力被引入了能力考试中。是否有日语运用能力与日语能力有关,所以对新词的理解和运用是必要的。每年在日本的日语能力考试中,都会出现与新词流行语或新词流行语相关的话题。分析当年的话题,发现日语能力考试一级中出现的相关话题数量随着当年的热点而变化。

第一章 はじめに


1.1 問題提起

急速な国際化により、中日両国間において多様な形態で繋がりがある現在、中国における日本語を学ぶ人数や日本語能力試験に参加する人数が上昇しつつある。日本国際交流基金が実施した「海外日本語教育機関調査」によると、海外における日本語学習者が日本語を学ぶ理由は主に「大学や大学院やほかの教育機関入学に必要」、「自分の仕事やこれからの就職 昇給 昇進に役立つ」という。

日本語を勉強する目的は日本文化や経済や社会事情などを理解し、日本語を利用して生活することや就職することなどである。そして、われわれが日本事情や日本の文化などを紹介するといった授業で新語 流行語を取り入れるのは、一つの有効な方法かもしれない。ある時期において、政治 経済 社会 文化 芸能などに関する言葉は、広い地域で多くの人々に一定期間、使われるようになったものである。例えば、日本人との会話の中で、学校の授業で勉強できない言葉(方言·流行語·新語など)が用いられる場合もある。方言や新語などは辞書にはあまり記載されておらず、しかし日常生活にはよく使われる言葉である。日本語運用能力の良しあしは、日本語能力と強い関係があるので、新語の理解や運用は必要であろうと思う。それに、毎年日本における日本語能力試験において、新語 流行語または新語 流行語にかかわる内容やそれに関する話題がきっと出てくると考えられる。

それゆえに、本論文では、日本における日本語能力試験において、新語 流行語および新語 流行語にかかわる内容やそれに関する話題がどのぐらい出てきたのか、どこにどんな形式で出てきたのかを研究しようと思う。また、それらの新語 流行語にかかわる内容やそれに関する日本の社会 経済 文化 ホットスポットなどは日本語能力試験問題のどの部分に入っているのかなどを考察したい。

........................


1.2 研究方法と

本論文の構成まず、日本における政治、経済、スポーツや文化 娯楽や日本社会にかかわっている新語 流行語を検索する。それに、10 年間ぐらいの新語 流行語を政治、経済、スポーツ、文化 娯楽、社会という五つの分野に分けて、分野ごとにデータベースを作る。さらに、それらの分類型によって、日本語能力試験一級を例にして研究することにする。そして日本語能力試験一級の試験におけるそれらの五つの分野にかかわる問題を統計しながら、前述の新語 流行語の分類と合わせて研究していくこととする。

本論文は五つの部分からなっている。

第一章では、本研究の目的、意味、方法および構成を明示する。

第二章では、新語 流行語の定義を説明し、本論文の研究対象である新語 流行語の範囲を限定する。また先行研究を整理する。

第三章では、日本において 10 年間で受賞されたトップテンの新語 流行語を分析する。まず、年ごとの新語 流行語を政治、経済、スポーツ、文化 娯楽、社会という五つの分野に分ける。そして、各分野に関連した新語 流行語の比例はデータを作成し、それぞれの特徴や意義を考察する。

第四章では、まず、研究対象としている日本語能力試験を説明し、その範囲を限定する。そして、日本語能力試験一級の中で、それらの五つの分野に関する問題の頻度を統計しながら、データを作る。それから、年ごとの日本語能力試験問題の分布と新語 流行語の分布をグラフで具体的に示したうえで、その出題傾向や特徴を分析する。

第五章では、日本語能力試験の出題傾向や特徴をまとめ、また今後研究すべき課題を展望する。

...................


第二章 先行研究


2.1 新語 流行語の定義

新語と流行語は、常に同時に言及されている。そのために、この二つの言葉は同じなものだと思われる。日本社会の事情を反映する新語 流行語は日本では流行しているが、日本語学習者に対して、既有の教科書だけでは、なかなか勉強になれない現状である。

新語というのは、日本平凡社が出版した『世界大百科事典』2によって、最近生まれた言葉で、まだ普及していないので、その解釈が人によって違い、さらに交流障害を引き起こすかもしれないということである。新語の発生は多くの新しい事物の出現を伴っている。新しいことを既存の言葉で表現できないと、新しい言葉が生まれる。

その特徴3を3つにまとめる。

①字面から正確的全面的にその意味を理解できない言葉

②新語を使う人が少ない

③新語は相対的な新語

流行語は、当時時代の事情をそのまま反映して、国民の中で広がっている。多くの流行語の創造者は公衆人物や公衆メディアに捉えられた普通の人である。彼らが言っていた言葉や一言は、当時の社会的なホットスポットの問題に無意識に当てはまり、強い共鳴を引き起こし、公衆に自発的に積極的に伝われ、流行語になった。

.......................


2.2 先行研究

既存の多くの先行資料を調査したところ、先行研究には主に新語だけに関する研究、日本語能力試験だけに関する研究というように分かれていた。

『日本語学辞典』5によると、新語 流行語という概念が言語現象として生まれたのは江戸時代である。しかし、情報の不流通で、新語 流行語の数が少なく、多くの人に使われず、流行にもならなかったという。20 世紀前期から、明治維新が始まるとともに、西洋文明の転入により、新語 流行語も多くなった。主に新しい商品、髪型、服飾などが流行して、それに応じる呼称が流行するケースが多い。要するに、時代の要素が非常に強かったといえる。したがって、当時の新語 流行語は基本的に漢語による造語または外国語から借用するものであった。その後、戦争政治から新語 流行語が生まれ、さらに人、風俗、流行歌、ラジオ、映画、テレビ、出版物などから発生するものが多くなった。また西洋志向の中から選択する傾向が強くなった。新語 流行語は形態素の組み合わせによる合成語が圧倒的多数をしめ、単純語の形をとった語 流行語はごく少数であった。現代になり、インターネットやメディアなどによる情報の伝わり方が変わり、世の中も急速に変化しているので、新語 流行語の種類と範囲も非常に複雑で混乱している。地震や政治、経済事件などに関連する言葉や、社会現象や政治家または芸能人などの言語行動が新語 流行語になってきた。現代技術の発展につれ、それらの新語 流行語の普及スピードも広まる範囲も著しく拡大した一方、時間の経過とともに论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非