英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

论梶井基次郎作品中的色彩描写和死亡意识

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-07-15编辑:vicky点击率:189

论文字数:17888论文编号:org202107120858552471语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文色彩意识死亡意识抽象艺术论

摘要:本文是一篇日本语言学论文,在《柠檬》中有两个结论。在与康丁斯基的抽象艺术论共通的色彩感觉下,黄色作为主题色彩表现出强烈的生命力,也清楚地表现出对“现实”的反抗精神。此外,在这部作品中梶井的写法变化也备受瞩目在K的溺死中,黑色和白色代表“死亡”和“重生”,最后作为死亡获得生命手段的“死”和“生”的关系出现了重大的发展。

本文分析了被称为“柠檬”、“K的溺死”、“樱花树下”、“黑暗画卷”4个“珠玉”作品中主题色彩的印象。梶井基次郎就“死亡”进行了思考柠檬中的“死亡”强烈的自我毁灭、牺牲的精神、《K的溺死》和《樱花树下》中的“死亡”是对“生命”的手段。对于自我治愈的思考,《黑暗画卷》中所表现的是希望从人生终结时陷入绝望的深渊中解放出来。


第一章 はじめに


1.1 はじめに

『津軽』の冒頭文は、語り手「私」と同年齢でなくなった小説達の名前の話から始まる。自分の人生を辿り治したい小説家の「私」は、「苦しいから」旅に出ると言い訳しつつ、人生の曲がり角に差し掛かった将来の展望を過去の名家な文学者の死亡年齢に重ね、その渋い思いを告げる。例えば、尾崎紅葉三十七、斎藤縁雨三十八、中島敦三十四、梶井基次郎三十二…これら短命な文学者に共通する特徴は、存在の根源に突き入る強烈な言葉のイメージと、その反映としての、読み手の脳に焼き付けられる作品の輝きということになる。しかも、その作品は命と引き換えに勝ち取られたという印象から免れ難いために、若けれえば若いほど、作品に注ぎ込まれたエネルギーの純度は高まって見える。樋口一葉二十五、北村透谷二十六の極端な例になると、その感はますます深くなる。

明治以降の文学者群像にあって、梶井基次郎は 1901 年(明治 34 年)2 月17 日大阪に生まれ、1932 年3月 24 日に亡くなった。その短命の要因は肺結核であった。けれども、その短命に比べて、彼は、感覚的なものと知的なものが融合した描写と豊かな文体で 20 篇の文章を残し、文壇に認められてまもなく、死後次第に作品の輝きは増すばかりであるって、評価が高まくなる。生前、文壇の一角に少数の知音を得ていたにしても、普通の民衆日はほとんど知られていなかった梶井基次郎。にも関わらず、死後、その作品は、同時代のみならず、それ以降の読み手に受け入れられていくことになるとは彼自身も思わなかったでしょう。独特なスタイルを付ける作品は、その時代の風潮に合わなく、文学賞も受けなれなかった。主流文壇に入らなかった彼は死後受け入れられていくのはなぜだろうか、そこにも様々な原因が指摘できる。古閑章は『梶井基次郎の文学』1で書き手と読み手の関係や梶井文学の豊かさを認めるための必要な条件を論じた。当面の読み手の興味や関心は、あまりの短命と引き換えに得られた佳作群に基づいて立つ基礎を方法的に掘り出すと共に、作品作成のキーを意識的に掴みたいという欲求にある。その実質上の文学活動はわずかに十年にしか過ぎないけれども、短いものは短いなりに、一律に括れない内実に包まれている。それは時代との関わりと運動した内面の深化、文学観の変容、更には作品を制作する過程で生じる曲がりくねるなどを通して、具体的に浮かび上がる問題にほかならない。いわゆる、書き手と読み手両方は書く行為や読む行為を通して、自己に必要な文学対象を追い詰め、自らを生かす何者かを必死に引き出そうとする衝動はお互いに共有している。そしてこうした意識を保つことは、最終的に文学作品の豊かさを確認するための必要になる。

...........................


1.2 先行研究

梶井独特の表現、作品の構造と全体的にを一貫した心思想は、本論は作品本文に忠実な解釈の姿勢で文学作品の中で内包する豊かさ、深さ、広さを解明することを考え、そこで、梶井文学の中で生命力を強く表せて、見逃してはならない作品は『桜の木の下には』である。『桜の木の下には』の先行研究を見渡せば、梶井の資格のメカニズムの分析、梶井文学の幻想性についての考察など様々な角度での指摘が豊かである。梶井の心境についての面で総合的に言うと、肺結核のため常に「死亡」と直面していた梶井の生まれつきの生死観であり、死亡を越えたための思想と言えるであろう。この思想は自らの生きる条件として課せられている死亡に対して、逃げ腰になるのではなく、逆に真っ正面に立ち向い、死に乗り越えて、生への前向きな姿勢や、死がもたらす絶望を生のエネルギーに変えていく猛烈な感情を内包している。梶井基次郎文学は私小説の基調について、平田次三郎15は、梶井の作品は「病める生の表現」であるが、そこに現れているものは、「清澄な生の息吹き」16だとし、梶井文学が全体として我々に与える印象は、何ものにもくもらされるところなく、己が生を見詰めたものの、静謐にして澄明な生の現実にほかならず、従ってその作品の基調となっている倦怠や疲労や頽廃はそこで洗い浄められてしまっているとも言えるのである。この逆説的効果にこそ、梶井文学の秘義がひそんでいると言えるのである。井上良雄17は、梶井の描写感覚や心理構造を「稀有」と評し、その特性を、「見ること――己れを放棄して対象の中に再生すること」と表現して、「自我と世界との分離」という「近代知性の苦悶と敗北」を乗り超える地平を見出している。

.........................



第二章 色彩論理について


2.1 文学色彩理論について

大熊利夫は、文学作品の色彩描写について、こんな思考がある。『文学作品から色彩描写の用語やその「意象」を取り出して、その時代の特徴を表す色がどういう使われるのかを探ってくるのは面白い課題と思われている。それについての本は今の時代でいつくあるが、なぜか、のも足りない何かを感じるのであるが、そのわけを考えて見ると、結論はやはり、今までの種類の論文は「何の時代の何の作品には、色彩語がこのようにありました」というような分析で終わっていたからであった。「何故、どうして」そういう色彩語をここで多く使ったり、強い指向性を表す色彩用語を作品の中で使っているのかということまで踏み込んでいないからである。少しかた苦しくいうと、色彩語を集めたり、分析したり、人間の感性を問題にしているのである。』ところが、この感性という領域は理性と重なり合っていて微妙に化学反応をしているのである。感性と理性を総体として位置づけるものは思想なのである。その思想を裏付けるものは哲学である。色彩語を手がかりにして、言語学的、美学的、心理学的な研究も必要であろう。大熊利夫は『色彩文学論』22で時代の社会的、思想的背景の中で作品の洗い直し、文学者の思想の再評価を痛感したのである、そういう視座にたって逆にその時代の作品と作家を見返ると、「何故、そうして」という問いにある解答が得られたようであることを述べた。こういう視点に立ってのみ「かくかくでありました」という表的な方法による不満が克服できるのではなかろう。だが、色彩用語には難点がある。日本語についてみても、例えば青という色彩語は現代の我々から見ると、必ずしも対象の物の色を表現しているかというとそうでもない。その範囲は非常に広く、緑から紫まで考えられることも多く、色彩語は対象のモノの色を確実に表していたかどうかは問題がある。文学作品でいろいろなニュアンスを持ってこの色彩語が使われているわけである。まして、その中で共通の認識が生まれていことも事実として認めなければならないところに人間の社会的生活が存在するのである。例えば、「晴れた空のような色」という表現によっての共通認識を得ようというのが、人間の完成的な認識方法である。しかし、人は「青」をどのように受け止めるかというと「はれそらのようんい清々しい色」とばかりうけとめないのである。ある人は「憂鬱な色」と受け止めることも事実である。「青」なら「青」という色彩語から何かを感じたり、連想するわけで、そこに意識が人それぞれの意味付けをする。この場合、社会的、地域的、歴史的、文化的、言語的風论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非