英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

关于谷崎润一郎文学中的男性形象——以其大正时期的犯罪小说为中心

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2021-07-10编辑:vicky点击率:228

论文字数:26555论文编号:org202107021458565822语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日本文学论文谷崎潤一郎文学犯罪小説男性像

摘要:本文是一篇日本文学论文,谷崎润一郎的早期创作是从明治43年(1910年)开始的,这个时期的日本文坛对以“无理想、无解决”的平面描写为创作理念的自然主义文学执牛耳。自然主义文学家们强调以客观的立场观察和描写现实的真实面貌,为了描绘真实而排斥一切美化。

笔者认为犯罪小说的世界光彩夺目,对于追求官能刺激和“恶魔之美”的谷崎来说,犯罪小说正是最能表现他恶魔艺术的题材。谷崎这样不断追求感性之美的结果,就这样踏上了妖艳、怪异的小说空间。与此同时,他自己也在创作这些犯罪小说的过程中,经常借助主人公的手,谋求艺术和现实生活的统一,努力使两者一致。本论文所列举的四部作品都忠实地反映了谷崎的意图。

第一章 先行研究


1.1 思想性の有無に関する論争

谷崎潤一郎についての評価は、「思想」の一語をめぐって行われてきた。佐藤春夫は、大正 13 年 10 月に発表された随筆評論「秋風一夕話」で谷崎を「思想のない芸術家」と規定し、続いて昭和 2 年 3 月に「改造」で発表された「潤一郎 人及び芸術」では彼の「悪魔主義」を「思想上のポーズではあっても(中略)思想そのものではない」と結論した。この観点は「谷崎潤一郎」(「中央公論」昭和 6 年 5 月)の小林秀雄から、『谷崎潤一郎論』(昭和 27 年 河出書房)の中村光夫へと継承された。

小林秀雄によれば、「彼ら(ポーもボトレエル)の制作は人生観上全く知的な熱烈なドグマの上に立っていた。彼の栄光も、悲惨も、あくまでも感覚的に谷崎氏の芸術と本質的な交渉を持つことはできない。」と述べており、谷崎をポーやボトレエルと縁がない人と見なし、何故なら「谷崎氏には思想 批評精神が欠如しており、知的共感性もない」とした。

また、中村光夫が『谷崎潤一郎論』では、「もともと谷崎のような思索能力の貧弱作家が二十歳やそこらで何か独創的な思想の閃きを捕らえていたら、それこそ奇跡というべきで、彼の信奉した『悪魔主義』自体が、当時の文学界、思想界の働きが、知らず知らずのうちに彼の頭脳を刺激して作り上げた時代意識の個性的な形態に他ならなかったと思われます。」と述べており、谷崎を「思想なき芸術家」と定義づけたのである。

これらに対して、谷崎を思想家として論じる伊藤整は「谷崎潤一郎の芸術と思想」の題を付されることになる『現代文豪名作全集 第二巻 谷崎潤一郎集』(河出書房 1955 年 1 月)の解説文では、「敵を個人の内側、人間性の深部の発見、そのエゴイズム、色情、異性崇拝、嫌悪、嫉妬などのために、倫理、秩序感が崩壊する恐怖を描く」と谷崎文学の思想性を肯定する。このように、中村光夫や伊藤整を代表とした谷崎否定論もあれば、伊藤整のような支持者もあるから、谷崎の評価史が複雑な様相を呈している。

...........................


1.2 谷崎の耽美主義について

「すべて美しい者は強者であり、醜い者は弱者であった」と谷崎自身が「刺青」を以て示した通り、谷崎は極致の美を追求する耽美主義を代表する一人であることは疑う余地がない。文壇デビュー当初から、「明治の文壇に於いて今日まで誰一人手を下す事の出来なかった、或は手を下そうともしなかった芸術の一方面を開拓した成功者は谷崎潤一郎氏である」1と永井荷風は讃美の辞を惜しまなかった。さらに、谷崎文学の特質について、永井荷風は次のように指摘している。

「第一は肉体的恐怖から生ずる神秘幽玄である。肉体上の惨忍から反動的に味わひ得らるる痛切なる快感である。(中略)谷崎氏の作品の第二の特徴は、全く都会的たる事である。江戸より東京となった都会は氏の思想的郷土であるが故に、広く見れば氏の作品は全く郷土的であるとも云える。(中略)最後に谷崎氏の作品の特徴とすべき所は、文章の完全なる事である。」2

本間久雄も「我国に於て最もよく所謂唯美主義的傾向乃至は所謂官能派的傾向を代表しているという点に於て、確かに今の我が文壇にありて最も特色あるユニックな地位を占めているものであることは争われない」3と指摘している。

中国における谷崎文学の耽美主義に関する研究も多々ある。例えば、趙薇(2006)の《谷崎潤一郎的唯美理念研究》では、谷崎の耽美主義を三段階に分けている。初期は『刺青』に代表される女性肉体の官能美に対する追求であり、中期は『痴人の愛』に代表される性と愛の自由への追求と、女性美と官能美への絶対的忠実であり、後期は『細雪』に代表される日本伝統美への回帰であると趙が指摘している。

...........................


第二章 『私』――「悪」と「人道」との狭間


2.1 <語られる私>の人物像

語り手の「私」の叙述によると、外見から見れば「私」は「瘦せッぽちの色の青白い神経質の男」である。ここで注目すべきなのは「神経質」というキーワードである。周知のように、大正期において谷崎は実に大いに神経質で、あるいは神経衰弱にかかった人物を描いていた。後に論じる三つの作品における主人公がいずれも神経衰弱にかかった者であることからみれば、神経衰弱というテーマは谷崎の犯罪小説と切り離すことのできない関係を持っていると言えよう。また、西元康雅(2006)が「<感覚の錯乱>への経路--谷崎潤一郎『柳湯の事件』における神経衰弱」という一文では、詳しく主人公である青年の神経衰弱と彼が起こした犯罪と連関して小説を分析した。さらに西元氏は「神経衰弱と犯罪が手を取り合い、相互作用し合うことで大正七年前後の谷崎文学を形作っていた」2という見解を示した。こうしてみれば、『私』において、神経衰弱が「私」の盗む行為と直接的な関係を持つように描かれていなくても、この設定自体は「私」という人物の「どうしてもぬすッとだけは止められない」という性質に一層精神病理的意味を込めている。

話は<語られる私>の人物像に帰するが、ここでもう一つ注目すべき点は「私」が自分がぬすッとであることに対する態度である。物語の終局に「私」が捕まった後、自分の犯罪行為に対してあれこれ弁解したが、面白いことに最後は「悲痛な感情を笑いに紛らしながら」、こういう一言を付け加えた。「ああ、君らは僕を図々しい奴だと思ってるんだね、やっぱり君らには僕の気持ちが分からないんだね、それも人種の違いだから仕様がないかな」。散々盗みを働いたにもかかわらず、被害に遭った友人の理解を求めようとするなんて言語道断だ、と思われても仕方がないのに、ここでまたすべてを「人種の違い」のせいにしようとしている。では「私」が理解している「私」と友人たちの「人種の違い」とは一体どんなものなのだろう。ここで本文から以下の内容を抜粋する。

表 2 「買う」と「売る」の意味変化

表 2 「買う」と「売る」の意味変化

.........................


2.2 <語る私>の真実

前掲したように、語り手の「私」は自身の「うそ偽りのない記録」を誇っている。ここで本文から以下の内容を引用する。

「――君たちは善良な人たちだが、しかし不明の罪はどうしても君たちにあるんだよ。僕はこの間から幾度も幾度も正直なことを云ったじゃないか。『僕は君らの考えているような値打ちのある人間じゃない。平田君こそ確かな人物だ。あの人が不明の罪を謝するようなことは決してない』ッて、あれほど云ったのが分からなかったかね。(中略)僕は決して一言半句もウソをつきはしなかっただろう。ウソはつかないが论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非